将来役立つ習い事の選び方

小学生や中学生のお子さまがいらっしゃるママやパパは、2020年から学校の教育が大きく変わるということは、
何らかのかたちで耳にされていると思います。

本格的な実施に先駆けて、すでに小学校でも、中学校でも教育の内容が見直され、
授業が変わってきているということも気づいていらっしゃるのではないでしょうか。

けれど実際に、どんな風に変わっているのかというと、いまいちピンとこなかったり、
2020年には、どんな風になるのかということまでは、具体的にわからないと思いませんか?

具体的に、今どのように変わっていて、これからどのように変わるのかは、
とても細かく文部科学省によって示されているため、理解するにはなかなかの時間が必要です。

学習の内容が変わったり、新しい教科が増えたりしたら、早めに塾に通わせた方がいいのかもしれないと考えたり、
習い事で補わなくてはいけないかもしれないと思うママやパパもいらっしゃるでしょう。

そこで、みなさんの不安や心配を解決することができるように、できるだけわかりやすく
新しい教育の変化についてご紹介していきたいと思います。

そして子どもの将来のために、親はどのような「習い事」を選んだらよいかについても具体的にお話ししていこうと思います。

目次

これからの学校教育と子どもたちが学ぶべきことについて
 ・変わっていく学校の学習内容
 ・学校では計画を立てて勉強します
 ・2020年に教育は大きく変わります
 ・将来に目を向けたアクティブラーニングとは
 ・こんなにちがう小学3年生の社会
 ・学習内容はプログラミング教育に注目
 ・2年間かけて新しい学習内容に変わります
 ・新しくなるのに2年間必要な理由
 ・新しい学びに向けて親が考えるべきこと
習い事の現状とこれから注目の習い事について
 ・小・中学生の習い事の現状
 ・先輩ママ・パパが考えた習い事の選び方
 ・「プログラミング」を学ぶということ
 ・小学生がプログラミングを通して学ぶこと
 ・中学生がプログラミングを通して学ぶこと
 ・おすすめしたい習い事の決め方
 ・最近注目されている習い事は?
 ・おすすめはプログラミング教室
 ・習い事としてプログラミングを考えたとき
 ・プログラミングは何歳から習えばいい?
まとめ

これからの学校教育と子どもたちが学ぶべきことについて

変わっていく学校の学習内容

変わっていく学校の学習内容

それではまず、小学生や中学生が、これから学校でどのような授業を受けていくのかについてお話ししますね。

突然ですが、みなさんは、お子さんの教科書をじっくりみたことはありますか?

おそらく、子どもに宿題を聞かれて問題をみたり、音読をするときに一緒にみたりすることはあっても、
どんな内容があるのだろうと調べたことがあるというママやパパはあまりいらっしゃらないと思います。

子どもの使っている教科書のことは意外と知らないママやパパは圧倒的に多いようです。
そんな教科書ですが、10年くらいたつと内容が変わっているということをご存知でしたか?

じつは、教科書はおよそ10年ごとに内容の見直しが行われていて、どの教科も少しずつ変わっているのです。

これは文部科学省が、国や社会の変化にあわせて、学校での教育の仕方を見直したことにより変わったものなのですが、
ニュースなどで取り上げられることが少ないので、知らずに見直しが行われていたということが多いかもしれません。

けれど、見直しをされた内容で、新しい教育が行われていくと、学校の先生方や保護者などから、
「変わらなかった方がよかったのでは?」という声が聞かれるようになることもあります。

そうなると、世間で大きく取り上げるようになるため、そのときの改革を象徴するような言葉を使って社会で話題になるため、
多くの人がその教育の見直しについて知ることになります。

ゆとり教育と教育方針の見直しについて

「ゆとり教育」や「ゆとり世代」という言葉を聞いたことがありますよね。
この「ゆとり教育」は、そういった経緯で生まれた言葉なのです。

ずいぶんと話題になったのでおぼえていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
この「ゆとり教育」と呼ばれる見直しは、なぜそのようにいわれたのだと思いますか?

それは、各教科の学習内容が3割も減らされたこと、そして「総合的な学習の時間」という
学校ごとに授業の内容を決めることができる、少しわかりにくい授業が導入されたことが主な理由でした。
保護者からは、子どもたちの勉強量が少なくなったことに不安の声が多く寄せられたようです。

そして結果的には、学力の低下が懸念されたため、減らされてしまった学習内容は、もう一度取り入れられることになり、
文部科学省から「見直し」として新たに発表されることになりました。

このように、学校の学習内容の見直しが行われることによって、よいことだけではなく、結果的によくなかった
ということも起きることがあるのが「教育改革(教育の見直し)」です。

「ゆとり教育」といわれた見直しでは、その時代に小・中学生だった子どもたちだけ、学習内容が3割も少なかったことになります。
学習内容のことだけを考えると、ほかの世代の人が学習したことを知らないということがあるのは、残念だと感じたことだと思います。

このように、実際に教育を受ける子どもたちにとって、「見直し」は、とても重大な影響を与えるものなのです。

学校では計画を立てて勉強します

学校では計画を立てて勉強します

学校では、勉強を教えるために「カリキュラム」を決めて、それに合わせて授業を行っています。
そして、そのカリキュラムは、文部科学省が示す「学習指導要領」という基準をもとにしてつくられています。

この学習指導要領は、じつは大きな書店でも購入することができるため、先生だけではなく、
保護者でも子どもでも、誰もが手にして確認することができるものなのです。

なぜ、学校のカリキュラムをつくる基準になるものが、すぐに手に入るようにしてあるのでしょう。

それは、「学習指導要領」は、子どもたちが、全国どの地域で教育を受けても、
一定の水準の教育を受けることができるようにするための基準が書かれているからです。

この「学習指導要領」によって、転校をしても子どもは、同じ水準のもとに学習を続けていくことができるのです。

2020年に教育は大きく変わります

2020年に教育は大きく変わります

じつは2020年、学校教育はふたたび見直される時期となり、大きく変わることが文部科学省から示されました。
そして、その見直しでは「大きな柱」が3つあるといわれています。

  1. 大学入試が変わる
  2. アクティブラーニングという、子どもたちが自主的に学ぶことが主体になる
  3. 学習内容が変わる

まず、一つめの大学入試についてですが、これまでのセンター試験が廃止され、大学入学共通テストが導入されます。

二つめは、子どもたちが自主的に学ぶことを尊重するようになります。
これは、アクティブラーニングという学び方で、この学び方が主体となり学習を進めていきます。

そして三つめは、学習の内容が変わります。英語教育はさらに授業が増えて、プログラミング教育が新しく授業として時間割に入ります。

このように文部科学省から「大きな柱」として、3つのことが挙げられましたが、
みなさんは、この中で、とくに何が気になりましたか?

小・中学生のお子さまをもつママやパパでしたら、きっと「アクティブラーニング」と
「学習内容」について詳しく知りたいのではないでしょうか?

それでは、まず、「アクティブラーニング」について、わかりやすくお話ししていきましょう。

将来に目を向けたアクティブラーニングとは

将来に目を向けたアクティブラーニングとは

アクティブラーニングとは、ざっくりいうと、自分から積極的に取り組む学習のしかたです。

なぜ、今、アクティブラーニングで学ぶことが大切だと考えられているのでしょうか。

それは、これからの時代を背負う子どもたちは、将来、世界の中で活躍していくことができるようになるための力を養うこと
が必要であると考えられたからです。

今、日本は世界中に活躍の場があります。そして、これからは今よりもさらに活躍の場は広がっていくでしょう。

そんな子どもたちが、将来自分らしい力を発揮するためには、いろいろなことに目を向けて、自分で問題を発見し、解決方法をみつけ、
答えをだしていくことができる人であることが理想です。

さらに自分が出した答えを、多くの人に広めていくこともできるようになることで、さらに自分の活躍の場が広がっていきます。

これから日本の将来を担う子どもたちは、そういった力をつけることが必要で、
教育はそのために大きく変わらなくてはならないと考えられたのです。

こんなにちがう小学3年生の社会

こんなにちがう小学3年生の社会

では、実際にアクティブラーニングで学ぶと授業は、それまでとどのようにちがうのでしょうか。

文部科学省では、これまでの学校での学習は、「先生が何を教えるか」ということを中心に授業を考えてきました。
子どもたちが何を知ることができるか、何がわかるかということに力を入れてきたということです。

けれど、これからは、何を知っているかということよりも、「何かを知ったことで何ができるようになったか」ということを大事にするように変わるのです。

少しわかりにくいですよね。
小学校3年生の社会科を例にお話ししていきますね。

小学3年生では、自分たちの住んでいる地域にある商店街やスーパーマーケットなどについて学習をします。

これまでの学習方法

これまでの学習では、まず、行き方や目印、地図記号などの調べ学習をします。

そのあと、実際にスーパーマーケットなどに訪問をして、働いている人の様子をみたり、
インタビューをしたりして観察や調査をします。
そして最後に、学習のまとめとして、調べてわかったことなどを発表するという流れが一般的な学習のしかたでした。

この学習から多くの子どもたちは、働いている人の工夫や苦労などを感じとることができたのです。

買う人としての自分とサービスをしてくれる社会との関係にも初めて気がつくことができて、
さらに身近なスーパーマーケットのひみつを知ることもできるため、
積極的に学習に取り組むことができる主体的な学習のひとつでした。

新しい学習の方法

この学習を2020年の新しい考え方で授業を受けるとしたら、どのようになるでしょうか。
いくつかの方法が考えられますが、その中のひとつを例に挙げてみましょう。

地域の商店街やスーパーマーケットについて、いろいろなことを調べてから見学をします。
そして見たり聞いたりしてわかったことを発表します。

ここまでは、これまでの学習内容と同じです。
子どもたちが積極的になる主体的な学び方です。

けれど、ここからがちがいます。

これからは、さらに自分たちと地域社会の関係性や自分たちの住む地域の特色などについても考えなくてはいけません。
つまり、スーパーマーケットのことを調べたら、わかったことを発表するだけではなく、
自分は、そのスーパーマーケットをどのようなときに利用するのか、そのスーパーマーケットをなぜ利用するのか、
またなぜ、そのスーパーマーケットにはたくさんのお客さんが来るのかなどということまで考えることを求められます。

また、私たちの街にあるスーパーマーケットには、となりの街の同じお店よりも野菜が多く販売しているとか、
赤ちゃんを連れたお母さんが多く利用しているなどといった点にも目を向けることができるようになることが求められます。

このように、これからの小学3年生の社会科では、調べてみたいことについて、見たり、聞いたり、調べたりしてわかったことから、

  • 更に、なぜなんだろう?
  • どうなっているのだろう?

ということをじっくり考えるというアクティブラーニングで学んでいくようになります。

学習内容はプログラミング教育に注目

学習内容はプログラミング教育に注目

つぎに「学習内容」についてみていきましょう。
小学校では2011年度から、5年生と6年生が年間35単位時間の「外国語活動」が必修になりました。

この外国語活動では、英語に慣れ親しむことを通して、言語や文化についての理解を深めたり、
積極的にコミュニケーションをとることができるようになることを主な目的として授業がすすめられてきました。
すでに7年を経過している取り組みなので、ママやパパも、小学校での外国語の授業については、
理解が深まってきているのではないかと思います。

外国語教育も、2020年度の見直しで教科として位置づけられるなどの変化がありますが、
やはり今回の見直しで一番注目したいことは、新しく学ぶことになる「プログラミング教育」です。

プログラミングを小学生から学ぶようになるなんて、ビックリしますよね。
「いったい、うちの子は授業についていくことができるのか。」
と不安になってしまうママやパパもいらっしゃるかもしれません。

でも、心配し過ぎることはありません。「プログラミング学習」について、

  • 文部科学省はどう考えているのか
  • 子どもがどんなことを学ぶのか
  • 子どもはどう関わっていけばよいのか

を知ることで、安心できるはずですよ。

2年間かけて新しい学習内容に変わります

2年間かけて新しい学習内容に変わります

さっそくですが、まず、こういった学習内容は、2020年度から急に変わるわけではありませんので安心してくださいね。

学校では、2018年度からすでに新しい内容への「移行措置」というシステムが開始されていて、
新しい学びのカリキュラムへの対応は、もう始まっているのです。
小学校と中学校は、全国どの地域で教育を受けても、一定水準の教育を受けることができるようにきまりを設けています。

そのきまりは文部科学省が、学校教育法という法律に基づいて決めているのですが、国語、算数といったそれぞれの教科に、学習の目標を立てて、
「小学1年生の国語では、これだけは必ずできるようになってくださいね」
「中学1年生の数学では、こういう公式を覚えて使えるようにしましょうね」
といったことを細かく書いて教科ごと1冊にまとめています。
これが学習指導要領といわれているものです。

学校では、このきまりをもとにして、一年間で何をどうやって教えるかを決めていきます。
運動会も学習発表会も時間割も、このきまりがもとになって決まっています。

この学習指導要領、つまり子どもたちが学習する内容は、およそ10年ごとに内容が見直されていて、
前回の見直しは、2008年と2009年に行われたため、次の見直しが2020年となりました。
そのため、それに向けての準備が2018年度から始まっているのです。

きっとお子さんの通っている学校でも、2018年度のはじめに、学校説明会などで校長先生から説明があったり、
新しい教育についてのお便りが配布されたのではないかと思います。

新しくなるのに2年間必要な理由

新しくなるのに2年間必要な理由

ところで、2020年に新しい学習内容になるために、なぜ2018年度から準備をしなくてはいけないのでしょうか。

それは、急に学習内容が変わると、とても困ったことが起きてしまうことがあるからです。

そうならないために文部科学省では、「移行措置」という期間を2年間設定して対応することにしているのです。
どういうことかということを、前回2008年の見直しを例に具体的に説明しますね。

2008年の見直しでは、算数の「直角三角形」についての学習は、2年生の学習内容になりました。
それまでのきまりでは、3年生で学ぶ学習だったものです。

ここで問題なのは、2008年に2年生になった子どもたちは、
翌年3年生になってから「直角三角形」を学ぶことになっていたので、2年生の時点では学習していませんでしたが、
3年生になっても「直角三角形」は教科書に出てこず、学校で学ぶ機会がやってこないようになってしまいました。

「直角三角形」なら学校で勉強しなくてもわかる!と思うかもしれませんが、正しく学んでいないと、後々困ることもあるものです。

たとえば「時刻」と「時間」のちがいは、最初にあいまいに覚えてしまうと、おとなになってからもずっと、混同してしまうことがある学習のひとつです。

よくまちがえて使われるのが、「明日の待ち合わせ時間は何時?」という聞き方です。
正確には「明日の待ち合わせ時刻は何時?」ですよね。
これも小学生の算数の学習です。前回の見直しで2年生の学習から1年生の学習に見直されました。
日常よく使う「時間の概念」の学習なので、学習内容の見直しで抜け落ちてしまったら大変ですよね。

このように「学習の抜け落ち」状態がでることがないようにカリキュラムを調整する期間が「移行措置」として2年間設けられています。

そして現在2018年度は、今回、2020年度の見直しのための移行措置にあたるため、
各学校で新しい学習内容に変わるための準備が始まっているということになります。

新しい学びに向けて親が考えるべきこと

新しい学びに向けて親が考えるべきこと

それでは、2020年の教育改革では、具体的にどのようなことが改訂されるのでしょうか。

2020年の教育改革では、子どもたちの学び方が大きく変わりますが、その中でも、とくに注目すべきことは
子どもたちの「学び方」と「学習内容」とお話をしました。

これまで、子どもたちは知識を記憶するという受け身の学習方法で学ぶことが一般的でした。
先生の教えてくれることを聞いて、それを覚えたり、使ったりするという勉強のしかたです。

けれど、これからは、子どもたちが自分から積極的に考える思考力や判断力、そして表現力といった力をつけることが
重視されるようになります。

どのようなことかというと、
「先生の教えてくれることを聞いて覚えるだけではダメですよ。」
「これはどうしてこうなっているのかな?」
「どうしたらうまくいくのだろう。」
といった不思議に感じたことや知りたいと思ったことをみつけて、考えて、答えを出し、伝えることができるようにしましょう。
ということを求められているということです。
これは、なかなかハードルが高いですね。

さらに子どもたちは、今までの学習のほかに「プログラミング教育」についても学んでいかなくてはなりません。
子どもたちの将来のためとはいえ、大丈夫なのかと心配になるママやパパもいらっしゃるでしょう。

そこで、親として子どものために何をしたらよいかを考えたとき、きっと頭に浮かぶのは「習い事」ではないでしょうか?
とくに、「プログラミング教育」を学校で受けてきていないママやパパにとっては、
自分では何をどう教えてよいのかわからないと思うのは当然のことです。

習い事の現状とこれから注目の習い事について

小・中学生の習い事の現状

小・中学生の習い事の現状

それでは、はじめに「習い事」の現状について調べてみましたので、確認していきましょう。
まずは、先輩ママやパパたちは、どのように習い事を選んでいるのかをみていきましょう。

小学生の場合

小学1年生~6年生の習い事について、文部科学省で調査が行われています。
その結果をみてください。

習い事をしているか、していないかという調査では、このような結果になっています。
学校のある平日に「塾」や「習い事」をしてる小学生は73.6%となっていますね。
土日にも「塾」や「習い事」をしている子どもが約40%もいることに驚くかもしれませんが、この結果には、
地域の野球チームやサッカーチーム、バスケットボールチームなどに所属しているという子どもの回答が含まれていると考えられます。

塾や習い事をしている

また、平日の習い事の種類では、「塾」が45.4%、「スポーツ」が45.5%となっていて、ほぼ同じ割合です。
そして「楽器演奏」が24.3%、「習字」16.6%、「外国語」は15.8%という結果になっています。

習い事の曜日

調査結果の参考ページ:文部科学省ホームページ:「地域の教育力に関する実態調査」結果の概要」

この調査結果からもわかるように、小学生の子どもたちの約7割が平日に何らかの習い事に通っていることがわかります。
それでは小学1年生~6年生までの子どもたちは、実際にどのような習い事をしているのでしょうか。

ママたちの声を聞いてみると、子どもがまだ低学年のうちは、「学校に楽しく通ってもらいたい」と思っているママが多いので、
「塾」に通わせる家庭はあまり多くはありません。
勉強のことよりも、スイミングスクール、サッカー教室、最近人気のテニス教室など、スポーツ系の習い事に人気があるようです。

また、芸術系の習い事も低学年の子どもたちの習い事としては人気が高い傾向にあります。
ピアノ教室やバレエ教室に通っている子どもたちは、男の子よりも女の子の方が多く、
小学校入学前から習っているという子どもたちもたくさんいるようです。
またほかの文部科学省の調査からでも、やはり7割以上の小学生が何らかの習い事をしていることがわかります。

調査結果の参考ページ:文部科学省ホームページ:「子どもの学校外での学習活動に関する実態調査報告」

このほか小学生は、4年生頃になると、学習塾へ通う子どもたちがグンと増え始めます。
この頃からママたちの間では、塾に関する話題も多くなり、情報を集めたり、すでに塾に通っているママたちに
相談をしたりするようになるということです。

中学生の場合

それでは、中学生になるとどうでしょうか。

中学生になると、部活動に参加する子どもが増えることもあるせいか、それまで通っていたスイミングやサッカー教室を辞める子どもが多くなり、
中学生でも習い事を続けているという子どもの方が少なくなるようです。

けれど、学習塾に通っている子どもの率はかなり高く、それは文部科学省の「平成28年度子供の学習費調査」の結果から読み取ることができます。

この調査結果から、中学生の子どもが学習塾に通っている割合は約6割になり、学習塾、習い事などへの支出は、
公立・私立のどちらであっても、 進学が近づくにつれて増加しているという結果がわかりました。

調査結果の参考ページ:文部科学省ホームページ:「平成28年度子供の学習費調査の結果について」

先輩ママ・パパが考えた習い事の選び方

先輩ママ・パパが考えた習い事の選び方

このような習い事の現状から、子どもの将来のためには、どのような習い事を選ぶとよいか考えていきましょう。
まずは習い事にはどんなものがあるかみていきましょう。

スポーツ系の習い事

  • スイミング
  • 体操
  • サッカー
  • 剣道
  • 空手(少林寺拳法)
  • 卓球
  • その他

芸術系の習い事

  • ピアノ
  • リトミック
  • バイオリン
  • バレエ
  • ダンス
  • 絵画
  • 書道
  • その他

学習系の習い事

  • 英会話
  • 将棋
  • 囲碁
  • プログラミング
  • その他

たくさんの習い事がありますね。選ぶのに迷ってしまいます。
では、どのような点を基準に選んでいるか、先輩ママやパパの意見をもとにポイントを3つに絞ってみました。

その1 子どもが楽しいと思うこと

習い事に通うのは子どもです。
本人が「楽しい」「やりたい」「また行きたい」と思わなくては意味がありません。
選び方でいちばん大切なことは、子どもが習い事に興味をもつことができるか、そして興味をもったら楽しむことができるかということです。

周りのお友だちと一緒に習わせようとしたり、親の希望で習わせてしまったりした場合、
子どもが楽しいと思わなかったら「習い事はつまらない」と感じるでしょう。

日頃から子どもがどんなことに興味をもっているかをよくみて、関心がありそうなことがあれば、まずはお試しで初めてみることがおすすめです。

やり始めてしまっても、子どもが興味をもたなくなったり、苦痛に感じているような場合は、無理をして続けない方がよいかもしれません。

その2 立地条件

習い事は、毎週通うことが多いので、通いやすい場所にあることはとても大切です。
雨が降っていても、寒くても面倒にならずに通うことができる場所を選ぶとよいでしょう。

その3 費用

毎月の月謝も習い事を選ぶときのポイントになります。
習い事によっては、ユニフォームやシューズ代、衣装代や楽器などのメンテナンス代もかかります。

月謝以外に必要になる費用についても考えておくことも大切です。

先輩ママやパパたちは、このようなことをポイントに選んでいるようです。

それだけで大丈夫?

では、教育が新しくなってからも、子どもの習い事選びは、このポイントだけで大丈夫でしょうか?

ここまで、じっくりと読んできてくださったママやパパなら、もうすでにご自身の中で、こんな習い事に通わせてみたい。
と考えているかもしれませんが、見落としがないか、以降のお話を参考に検討してみてください。

「プログラミング」を学ぶということ

「プログラミング」を学ぶということ

小学校で、2020年からプログラミング教育が必修化され、アクティブラーニングで学ぶようになる子どもたち。
ママやパパが小学生のころとは、ずいぶんと変わったと思うことでしょう。

ところで、先述した「習い事の種類」の中に「プログラミング」がありましたよね。
習い事の中に「プログラミング」があげられるようになってきたのは、新しい教育に目を向け、
子どもの将来のためにプログラミングを学ばせたいと思うママやパパたちが増えてきたことからなのです。

では、ここからは、プログラミング学習とはどんな教育で、学校では子どもたちに何を教えてくれるのかということからお話ししていきますね。
さて、さっそくですが、「プログラミング」とはいったい何でしょうか。
最初に、「プログラミング」について少し説明していきます。

まず、みなさんは「プログラム」なら知っている!といえますよね。
運動会のプログラム、発表会のプログラムなどが身近に感じると思います。
この「プログラム」は、運動会ならば、

  1. 50m走 1年生
  2. 80m走 2年生
  3. 綱引き  3年生

などと書かれていて、運動会で行われる「順番」を表しています。

発表会も同じように、

  1. 1年生による合奏
  2. 2年生による2部合唱
  3. 3年生による劇

など、やはり発表をする「順番」を示しています。

このように、私たちが日常で使っている「プログラム」は、「人」が何かを「進行していく順番」のことを意味しているものがほとんどです。
そして「プログラム」は、「人」のすることの他にも、「コンピュータ」が順番を示す場合にも使われます。

コンピュータが使うプログラム

コンピュータを扱う場合の「プログラム」は、「コンピュータ」が「実行するための順番」です。もう少し詳しくいうと、
「コンピュータが実行するための手順をプログラミング言語によって順番に示したもの」をプログラムといいます。
また、「コンピュータが実行するための手順(やり方)」のことをアルゴリズムといいます。
そして、コンピュータにプログラムを指示することを「プログラミング」といいます。

プログラム、アルゴリズム、プログラミングと専門的な言葉が並ぶと、急に難しく感じてしまいますよね。
でも、大丈夫です。さらにわかりやすくお話ししていきますね。

プログラミングを一言でいうならば、
「コンピュータに何かをさせるために、コンピュータがわかる言葉を使って、順番に指示をだしていくこと」。
たとえば、コンピュータでじゃんけんゲームをつくりたいと思ったら、コンピュータが理解できる言葉を使って、
じゃんけんゲームのやり方をコンピュータに教えていけばいいのです。

ただ、コンピュータは、教えられたことを教えられたとおりにやっていくので、やりかたをわかりやすく順番に教えないと、
自分がつくろうとしていたものとちがうじゃんけんゲームになってしまうことがあります。
また、コンピュータに知らないことばを使ってしまったり、ことばをまちがえて教えたりすると、
コンピュータはわからなくなってしまい、じゃんけんゲームは完成しません。

人間の場合は、
「もしかしたらこう言いたかったのかな?」とか、
「これとまちがえたのかな?」と考えて、
正しいことを想像することができますが、
コンピュータはそれが苦手なため、きちんと順序よく、正確に教えてあげることが大切なのです。

コンピュータにやりかたを教えるためには、教える人が教えたいことをしっかり理解してわかりやすく説明できなくては教えることはできないということです。

このように、「コンピュータにさせたいことを、コンピュータにわかるように指示を出していくこと」を
「プログラミング」といいます。

小学生がプログラミングを通して学ぶこと

小学生がプログラミングを通して学ぶこと

これからの子どもたちには、今まで以上に「論理的思考」が必要だと文部科学省は考えました。
そして、その思考力を養うために、プログラミング学習が効果的であると考えて、今回から小学生が必ず学ぶ「授業」とすることに決めました。

今回の見直しで、小学生にもプログラミング学習が取り入れられたのは、このように、プログラミング学習を通して、
自分の考えを順序よく、正確に、わかりやすく伝える能力をつけていこうということからなのです。
このことを、文部科学省では次のように発表しています。

小学校段階において学習活動としてプログラミングに取り組むねらいは、
プログラミング言語を覚えたり、プログラミングの技術を習得したりといったことではなく、
論理的思考を育むとともに、プログラムの働きやよさ、情報社会がコンピュータをはじめとする
情報技術によって支えられていることなどに気付き、身近な問題の解決に主体的に取り組む態度や
コンピュータ等を上手に活用してよりよい社会を築いていこうとする態度などを育むこと、
さらに、教科等で学ぶ知識及び技能等をより確実に身に付けさせることにある。

したがって、教科等における学習上の必要性や学習内容と関連付けながら
計画的かつ無理なく確実に実施されるものであることに留意する必要があることを踏まえ、
小学校においては、教育課程全体を見渡し、プログラミングを実施する単元を位置付けていう学年や教科等を決定する必要がある。

(『小学校学習指導要領解説 総則編』より抜粋)

これだけをみると小学校の授業では、プログラミングの技術を学ぶことはないのかな?
と思われるかもしれませんが、そうではありません。
文部科学省では、さらに次のようにも発表しています。

各教科等の特質に応じて、児童がコンピュータで文字を入力するなどの学習の基盤として必要となる情報手段の基本的な操作を習得する
ための学習活動や、プログラミングを体験しながらコンピュータに意図した処理を行わせるために必要な論理的思考力を身に付けるため
の学習活動を計画的に実施すること

(『小学校学習指導要領総則編』より抜粋)

このように、プログラミング的な考え方を学ぶことのほかに、
「コンピュータ操作で、文字入力をすることも学んでくださいね」そして
「実際にプログラミングも体験してくださいね」ということを示しているのです。

小学生のプログラミング学習についてまとめると、文部科学省は、2020年度からは、プログラミングをするときのように、
「筋道を立てて考える力をつけていきましょう」そして
「プログラミングも体験して基本的な操作を覚えてくださいね」ということを求めているということになります。

小学校では今、まさにそのための準備をすすめている段階なのです。

中学生がプログラミングを通して学ぶこと

中学生がプログラミングを通して学ぶこと

それでは、そういった学習をしたのち、中学校ではどのようなプログラミング学習を経験することになるのでしょう。

じつは小学生のプログラミング学習は2020年度から実施されますが、中学生は、すでに2008年度から「情報」という内容が必修化されています。

授業は、「技術・家庭科」の「情報に関する技術」の領域で、現在の中学生は10時間程度の学習をしているのです。
現行の中学生のプログラミング教育は、実際にプログラミングを行いながら、プログラミングのための手順を考えることがねらいとされています。

現行の中学校教育「情報」について、文部科学省では、以下のように発表しました。

情報活用の基礎となる情報手段の特性の理解について」は、コンピュータの構成と基本的な情報処理の仕組み、
情報通信のネットワークにおける基本的な情報利用の仕組みについて理解することができるようにする。
技術・家庭科技術分野の「ディジタル作品の設計・制作」「コンピュータを利用した計測・制御の基本的な仕組み」も含まれる。

情報を適切に扱ったり、自らの情報活用を評価・改善するための基礎的な理論や方法の理解」については、
自らの情報活用を記録し、振り返り、評価を行わせることで、よりよい情報手段の活用につなげる能力を培うため、
PDCAサイクルを意識させながら、情報活用の在り方を評価・改善させる。
技術・家庭科技術分野の「情報に関する技術の適切な評価・活用」「処理手順を考え、簡単なプログラムが作成できること」も含まれる。

(文部科学省『教育の情報化に関する手引(案)』より抜粋)

そしてこれからの中学校教育では、

  1. 生活や社会における問題を、ネットワークを利用した双方向性のあるコンテンツのプログラミングによって解決する活動
  2. 生活や社会における問題を、計測・制御のプログラミングによって解決する活動

という生活や社会の問題についての2つの内容を、プログラミングを通して解決していく学習が追加されました。

中学校教育については、ほかにも大変細かく多岐にわたって、さまざまな形で文部科学省が示していますが、一部を抜粋しますので、参考にしてくださいね。

プログラムによる計測・制御についての事項に関しては、情報処理の手順には、順次、分岐、反復の方法があることを知ることが
できるようにする。
また、目的や条件に応じて、情報処理の手順を工夫する能力を育成するとともに、簡単なプログラムを作成する学習、(中略)、
センサからコンピュータ、そしてアクチュエータという情報の流れを生徒が理解しやすいものを計測・制御の対象とし、
目的を達成するために、センサからの入力に応じて適切にアクチュエータに出力できるようにする

(『教育の情報化に関する手引』検討素案 「初等中等教育における情報教育」より抜粋)

2020年度からの新しい教育では、

  1. 小学生からプログラミングに触れていきながら、論理的な考え方を身につける
  2. 中学生になったら、プログラミングで生活や社会の問題を実践的に解決できるようにする

ということが求められているということです。

2008年から中学生にプログラミング学習が必修されてきたことをきっかけに、プログラミング学習は、
小学生にとっても重要な学習と考えられてきたことから、次第にママやパパたちに選ばれるようになってきた
のが、「プログラミング教室」という習い事なのです。

おすすめしたい習い事の決め方

おすすめしたい習い事の決め方

子どもが習い事を始めるきっかけはいろいろありますが、ママやパパのお話を聞くと、
次のようなタイミングで始めていることが多かったので、ご紹介しますね。

  • 幼稚園に通うようになったので、何か習わせたいと思った
  • 我が子と同学年の子が習い事を始めたから
  • 周りに習い事をしている子が増えてきたから
  • 仲よしのママに誘われたから
  • 子どもがお友だちの習い事の話を聞いて、自分もやりたいといったから
  • 幼稚園の預かり保育に習い事があったので4月から始めた

このように、習い事を始めるきっかけはいろいろあります。

子どもの習い事は、きっかけはそれぞれでしょうが、ママやパパは、きっと子どもの希望を聞いて選んだことでしょう。

習い事は提案をしてみましょう

子どもの希望を聞いて、本人が何をしたいと思うのかということを尊重することはとても大切ですが、
もしもママやパパに何か習わせてみたいと思っていることがあれば、ぜひ子どもに提案をしてみましょう。

「ママね、こういう習い事をみつけたんだけど、試しに一度やってみない?」
というような提案の仕方がよいと思います。

子どもに、「何を習いたいの?」と聞くと、子どもは、子ども自身が知っているものの中から選びます。
お友だちが習っているスイミングやサッカーを自分もやってみたい、ピアノを弾いてみたいなど、自分が見たり聞いたりしたことから選びがちです。
ママもパパも、子どものそういった声も大切にしてあげたいと思うでしょう。

けれど、子どもが知らない習い事についても教えてあげて、たくさんの選択肢の中から
自分が一番「やってみたい」と思うものを選ばせてあげることをおすすめします。

どんな習い事があるか、いろいろな習い事を調べてみてください。
お子さまといっしょに調べても楽しいかもしれませんね。

そして、習い事は、無料体験のような「お試し」が用意されているものが多いので、そういったものを利用して体験することが一番です。

また、自宅から通うという方法だけではなく、通信教育を受けるという方法もあります。

  • すでに習い事をしている
  • 学習塾に通っている
  • 自宅の近くに習える施設がない

という場合などは、通信教育を利用すると移動のための時間をとることもなく、自宅で効率的に学ぶことができます。

また、自宅以外のところに出向くことがないので、安全面でも安心ですね。

さらに習い事をしている様子をみることもできるので、子どもが楽しんで習い事をしているかもを確かめることもできます。

最近注目されている習い事は?

最近注目されている習い事は?

これまで繰り返しお話をしてきたように、2020年度から小学生は英語の授業数が増え、プログラミング学習が必修化されます。
文部科学省がこのような発表をするということは、きちんとした理由があってのことです。

その理由とは、日本は、これからますます諸外国と密接なかかわりを持ち、世界の中で活躍することになるであろうと予想しているということ。
つまり、これからは今以上に世界に目を向けなくてはいけないということなのです。

世界の中で、広い視野を持って、いろいろな文化や価値を共有したり、生みだしたりすることができるようにするためには、
コミュニケーション力が必要です。

そのためには英語力と、誰にでも自分の考えをわかりやすく伝えることができるような論理的思考を持つことが大切だということなのです。

新しい教育の見直しで、英語教育をより充実させたこと、情報教育に力を入れ、プログラミング教育を必修化したことは、
まさにその考えを反映させていることの証でもあるのです。

日本の将来を背負う現在の小学生、中学生は、こういった視点で学んでいくことが望まれるため、習い事もそういった眼で選ぶと、
子どもの将来のためによいのかもしれませんね。

ところで他の国でも、このようにプログラミング学習がすすんでいるのでしょうか。
文部科学省の調査から、次のような報告が発表されています。

諸外国のIT学習状況

イングランド

【学年】1~11年生の必修教科(※10~11年生は選択)
【学習内容】

  • コンピュータ科学
  • 情報技術
  • デジタルリテラシー
ロシア

【学年】1~4年生の関連教科の一部としてアルゴリズム教育を実施
【学習内容】

  • 5~11年生の必修教科
  • アルゴリズム等
アメリカ

【学年】学校裁量
【学習内容】

  • コンピュータ科学
ハンガリー

【学年】1~10年生の必修教科
【学習内容】

  • 11~12年生は選択
  • ITツールの利用法
  • アプリケーションの知識
  • 問題解決のツールとテクニックとしてのIT
  • 21世紀におけるインフォコミュニケーション
  • 情報社会
  • 図書館情報学
中国

【学年】1~9年生の必修教科
【学習内容】

  • 情報科学技術基礎知識
  • 情報技術基礎技能
  • 問題解決の基本能力
  • 科学技術、社会と個人

調査結果の参考ページ:「諸外国におけるプログラミング教育に関する調査研究報告書」平成26年度文部科学省委託事業

プログラミング教育は、このようにすでに多くの外国でも、その重要性から必修科目として小学生のころから学んでいることがわかります。

おすすめはプログラミング教室

おすすめはプログラミング教室

これまでお話してきたように、プログラミングを学ぶことは、筋道を立てて考える力を育てることにつながります。
それは、コンピュータが理解できるように、順序よく、そして正しく指示を出さないといけないからです。

コンピュータは、たった一つでも、わからなかったり、まちがえたりすると「エラー」となってしまいます。
そのため、自分の頭の中を整理して指示を出していかないといけません。

けれど、決して「まちがえてはいけない」ということではありません。
もちろん、正しくプログラミングできることは、一番よいのですが、まちがえて指示を出してエラーになってしまっても、
そのあと解決をしようとすることができればよいのです。

このことは、実はとても大切なことです。
なぜかというと、まちがえたことについて考えることも、筋道を立てて考えないと解決できないからです。

  • なぜエラーになってしまったのか?
  • そのエラーの原因はどこにあったのか?
  • どうやってエラーの原因を調べればよいのか?
  • そしてエラーを修正するためには、どうしたらよいのか?

などを考えること、そういった思考がこれからの子どもたちに求められているプログラミング的思考なのです。

そうと知っていれば、まちがえることは怖くありませんよね。
難しそうと思っていても、クイズみたいでおもしろいと感じることもできるのではないでしょうか。

では、実際に習い事としてプログラミング教室を選んだら、どのようなことをするのでしょうか。
まず、必要なものはパソコンです。

最近では、大学生でもスマホを利用してレポートを書くという学生もいると聞きますが、
パソコンのキーボードを利用する方が効率よく作業ができます。
おそらく、スマホでレポートを書くという学生は、スマホに慣れているからという理由ではないかと思います。

小学生や中学生のころからパソコンのキーボードに慣れていれば、きっとパソコンが使いやすいと感じると思います。
パソコンを使うことに慣れてくると、作業をするのが快適になり、楽しく感じるものです。

さて、そのパソコンを使ってどのように「プログラミング」をするのでしょうか?

文部科学省のホームページには「プログラミン」というプログラミング学習のツールがありますが、「保護者の方へ」として、
このようなことが書かれています。

「プログラミン」は、プログラムを通じて、子どもたちに創ることの楽しさと、方法論を提供することを目的とした、ウェブサイトです。
自分で何かを作れるということ。
そのためには具体的な手順を考え、ひとつずつ実行していく必要があること。
プログラムという人工言語は、そういったことに気づき、理解するためのツールとして非常に有効です。

プログラムというと難しく思われるかもしれませんが、簡単に言えば、小さな機能を持った命令を、順番に並べたものにすぎません。
しかし、その並べ方次第で、実にさまざまな機能を実現することができます。

ゲームコンソールで遊べるゲームのプログラムも、スーパーコンピュータで実行される高度なプログラムも、
根本的には同じ仕組みで成り立っています。
「プログラミン」は、そういったプログラムの最も基本となる概念に、子どもたちが自発的に触れ、楽しみながらルールを発見していく
ことができるよう、設計しています。

命令の種類は少なく、出来ることはとても単純なことですが、素敵なアイデアがありそれを実現するための
命令の組合わせや並び方を発見できれば、今までにないような表現を生み出すことができるかもしれません。

「プログラミン」を通じて、プログラムという表現手段を知ってもらい、子どもたちに創ることの楽しさを体験してもらいたい。
自分で価値を創り出すことの楽しさを知り、そのために行動できるようになってほしい。
これからの日本の未来を担っていく子どもたちが、情報の享受者に留まらず、自ら価値を創造し、発信していく側に立つための、
最初のペンとなってくれればと思います。
保護者の方におかれましては、是非お子様とご一緒に、「プログラミン」で遊んでいただき、創ることの楽しさとその可能性を
体験していただければ幸いです

上記の「保護者の方へ」は、文部科学省のこれからの教育に対しての想いがとてもよくわかる文章です。

プログラムを指示する言葉を学習するのには、文部科学省が推奨するプログラミンもいいですが、世界中で使われている、
Hour of Code(アワーオブコード)やScratch(スクラッチ)を使い学ぶのがおすすめです。

ブロック型の命令を組み合わせてプログラミングを学んでいく、「ブロックプログラミング」と呼ばれるもので、
通常のプログラム言語ほどの機能や性能はありませんが、視覚的にわかりやすく作りやすいので、
プログラミングの本質を学ぶのに適しています。

けれど、パソコンと向き合って進めていくと、ときどきわからなくなることもでてきます。
わからなくなってしまうと、「もうやりたくない!」と思うこともありますよね。

けれど、そんなときに、すぐに教えてくれる先生がいれば、あきらめずに続けることができ、達成感を味わうこともできるのです。

プログラミング教室は、プログラミング初心者には、最初からていねいに、そしてひとりひとりのレベルに合わせて、
さらにいろいろなことができるように指導をしてくれます。
このようにプログラミングは、楽しみながら学ぶことができる習い事のひとつなのです。

また、世界中のどことでも、そして誰とでもつながることができるインターネットに関する、便利なところや怖いところ、
交通安全と同じように、インターネットをする際に身を守るための情報セキュリティについてもしっかりと学ぶことができるのが
プログラミング教室のよいところです。
ただ、学べる内容については、教室よってちがいますので、よく調べて、お子さまにあった教室を選ぶようにしましょう。

習い事としてプログラミングを考えたとき

習い事としてプログラミングを考えたとき

子どもの将来を考えて、習い事にはプログラミングを選ぼうかな?と悩んでいるママやパパがいたら、
まず一度お子さまといっしょにプログラミングアプリを使って遊んでみてください。
「そういわれても、プログラミングのことは、まったくわからないから、子どもにどうやってすすめたらよいのかわからない」
というママやパパもいらっしゃいますよね。

そんなママやパパも毎日のようにきっとプログラミングされた機能を利用しているのがスマホのメールの送受信です。
このスマホの送受信もプログラミングされた機能でメールを送ったり、受信したりすることができているのです。

またお掃除ロボットをお使いのママや、使ってみたいと思っているママはいらっしゃいませんか?

お掃除を簡単にしたい、自分で掃除機をかけなくても掃除機が自分で動いてお掃除をしてくれたらいいと思って考えられたものが、
お掃除ロボットです。
これもそういった願いをプログラミングによって叶えたものなのです。
暗くなったら自動的に電気のスイッチが入って、部屋が明るくなるというのも、プログラミングによって、できるようになったものです。

こうやって改めて自分の身近にあるものをみてみると、きっといろいろなものがプログラミングによって動いていることがわかってくると思います。
お子さまとそういったものを探すことも「プログラミング」に触れるひとつのきっかけになります。

さらにお子さまに、「自分だったら、どんなことができるようになってほしい?」と問いかけてみると、
お子さまがプログラミングに興味をもつかもしれません。
プログラミングを学んでいくと、自分の思うようなものをつくることができるとわかれば、きっと「やってみたい」と思うことでしょう。

もしかすると、ママやパパの方が夢中になってしまう可能性だってあります。
そう考えると、プログラミングのことは、まったくわからないというママやパパは、お子さまといっしょに
一からプログラミングを学ぶことができるチャンスともいえます。
きっと親子で楽しい習い事になることでしょう。

プログラミングは何歳から習えばいい?

プログラミングは何歳から習えばいい?

子どもの習い事で、昔からあるのは、習字やそろばん、バレエやピアノなどですよね。
そしてその後、スイミング、野球、サッカー、バスケットボール、最近ではテニスや卓球、体操など習い事は幅広くなり、
いろいろな選択肢から選ぶことができるようになってきました。

最近では、ダンスやスケートなどの習い事も人気があると聞きますが、それはアイドルのダンスパフォーマンスをみて憧れをもったり、
スケート選手の美しい演技をみて、自分もやってみたいと思ったりする子どもが増えてきたことが影響していると考えられています。

これと同じように、プログラミング教室に人気が出てきたのも、小学生にプログラミングの授業が必修化されること、
そして2008年度から中学生ですでに必修化されてきたことが背景にあります。

ママやパパが子ども時代にはなかった授業ですので、プログラミングは親しみやすいとはいえないかもしれません。
けれど、お子さまといっしょに学んでいくことで、きっとこれまでとちがった視点で身の回りをみることができるようになります。

映画やテーマパークなどに行かれたときに、これはどんなプログラミングがされているのだろうと考えたり、
もっとこうしたら楽しいのにと考えるようになるかもしれません。

このように考えると、プログラミングは何歳から始めたらよいのかという正確な指摘はできないのかもしれません。
なぜかというと、プログラミングは、子ども自身がそのときに適したものを利用して学んでいくことができるからです。

子どもに向けに開発したプログラミング教材であっても、
楽しい!と感じる子どももいれば、
簡単過ぎると思う子どももいるでしょう。
また、よくわからないと思う子どももいるのです。

プログラミングには、豊富な教材があるので、子どもの興味や関心、進み方によってそれぞれに合わせて柔軟に対応できます。
プログラミングは小学生から必修になりますが、幼児からでも学ぶことができる習い事でもあるのです。

まとめ

まとめ

2020年度から始まる新しい教育は、小・中学生などの子どもたちの学び方や学習の内容が変わり、新しい教科が増えることがわかりました。

早めに塾に通わせた方がいいのか、また習い事で補わなくてはいけないのかと子どもの将来のために、ママやパパは悩みが尽きないかもしれません。

そんなママやパパたちにお伝えしたいのは、子どもたちの学び方や学習内容がどのように変わっても、
子どもたちは自分がどうしたいのかを考えることができるようにサポートしてあげることが大切だということです。

習い事は、子ども自身の希望やそれぞれの家庭で必要だと思うことを選んでよいと思います。

どのような習い事を選んでも、その習い事が子どもの将来に直接に繋がるとは限りません。
サッカーを習ったからといって、サッカーの選手にならないかもしれないし、ピアニストになるためにピアノを習うとは限りません。

けれど、何かを習うということは、きっとその子の将来に何らかの形で役に立つはずです。

子どもが将来、中学校の先生になったとしたら、サッカー部の顧問ができるかもしれないし、
幼稚園の先生になって子どもたちとピアノを弾きながら歌をうたって楽しむことができるかもしれません。

プログラミングを習うことによって、自分のために使えるアプリがつくれるようになるかもしれません。
そこまでできなくても、アプリを作ってもらうときに説明しやすくなったり、どんなことをアプリにやったもらえば助かるのか、
楽しいのかなどが発想しやすくなります。

習い事は、このように新しいことに触れたり、よりたくさんのことができるようになったりするためのきっかけをつくり、
そして身に付けることができるものなのです。

ぜひ、お子さまといっしょにご家族で楽しく習い事について考えてみてくださいね。

無料体験お申し込み

無料体験お申し込み

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

《ぷららぼ》では、無料体験を受け付けております。

せっかくの機会ですので、一度体験してみませんか?

こちらから、お申込みいただけます。