物流・交通シーンに見えないヒーローあらわる(1)

自動走行

ソサエティー5.0(Society 5.0)が実現すれば、例えばこんなことが実現します。

自動走行バス

自動走行バス

映画やマンガでもたくさん描かれてきた無人走行は、まさしく未来を象徴するテクノロジー。

まずは公共交通機関や運送業から、そして一般家庭へと拡がっていくでしょう。

暮らしが変わります

「車なしでは生活できない」そんな高齢者の悩みも解決!?

過疎地で深刻な問題になっている、電車やバスの廃線による移動の不自由。

高齢者が自分で運転せざるを得ない状況になり、事故の増加が社会問題にもなっています。

自動走行バスが導入されれば、時間帯を問わず目的地まで行けるように。

地方都市では実際に試験運転も行われ、安全面の課題をクリア。

導入までの“道のり”は、もう見えています。

働き方が変わります

新しい“路線”をつくる!?

自動走行バスが実現すれば、人件費を削減できるだけでなく多くの人為的なミスを回避できます。

居眠り運転やルート間違いを100%回避することは、残念ながら人間にはできません。

過疎地での事業や深夜帯の営業など、サービスの幅も広げられるので、ユーザーメリットとも噛み合っています。

それは、いつもの毎日にやってくる、半歩先の未来。

ソサエティー5.0(Society 5.0)

この未来を実現するのは、あなたのお子様かも知れません。

お子さまの将来に役立つスキルを、無理なく効率的に学べる《ぷららぼ》の特長を是非ぜひ知ってください。